京都市下京区の産婦人科有床診療所
南部産婦人科医院

当院は昭和13年に初代院長が京都に産婦人科診療所を開設し、その後、昭和21年に当地に南部病院として開院し、75年以上、3代にわたり、産婦人科単科の病院として地域医療に貢献してまいりました。平成11年(1999年)10月から南部産婦人科医院として再スタートしました。

産婦人科は産科、婦人科、不妊治療、女性内分泌内科と非常に広い範囲の医療を担当します。私たちはご婦人の妊娠、出産、育児にかかわって行くのは当然ですが、当院は、医院のマークにありますように女性の人生において、花ともいえるこれらの時期のみならず、胎児期、新生児期、少女期、思春期、青春期、性成熟期から、社会生活の中での壮年の時期、更年期、老年期まで、“女性の各ライフステージをトータルにサポートする産婦人科”を目標に、地域医療に貢献して行きたいと考えております。

京都市下京区の産婦人科医院です。

当院の特徴

当院の特徴

医師の主治医制の維持と
24時間かかりつけ医体制

一人の産婦人科専門医が主治医として一貫した信頼の医療体制をめざしております。入院施設併設のため、24時間、医療スタッフと連絡可能なかかりつけ医体制をとっております。

女性の各ライフステージを
トータルにサポートする産婦人科

当院について

詳しくはこちら

診療案内

詳しくはこちら

医師スタッフ紹介

詳しくはこちら
ページ上部へ